当院のシャンプー処置の特長

当院では、診察でご来院下さる皆様のうち、約半数が皮膚病のご相談です。
これまで数多くの患者様の皮膚を診察させていただいた経験をもとに、皮膚病治療におけるスキンケアの重要性に着目し、薬浴シャンプーを実施しております。

トリミング(カット)始めました。ご相談下さい。

  1. 獣医師の診断の上で、ワンちゃんそれぞれに合わせた適切なシャンプー剤や洗浄法で皮膚をきれいにします。
  2. シャンプー剤や保湿剤などはすべて、獣医師用・薬用のものを使用しております。
  3. 教育を受けた経験豊富なスタッフが、シャンプー処置を行います。
  4. 当院で処置を受けるワンちゃんはすべて、ワクチンなどの予防を実施済みです。ご安心下さい。
  5. 当院ではマイクロバブルドッグバス「D-FRIEND」を導入しております。

マイクロバブルドッグバス「D-FRIEND」について

「D-FRIEND」はマイクロバブル生成、超音波ジェットバス機能を持ち、マイクロバブルによる高い洗浄効果と超音波ジェットバスによるマッサージ~リラクゼーション効果が期待出来ます。

ドライヤーは「ハチコウ TurboⅡIon」を導入。
マイナスイオンを含む冷~温風で、被毛と皮膚を優しく乾燥。
乾燥後の被毛は大変しっとりと仕上がります。

現状では皮膚治療の効果をさらに高めるための処置として行っており、ご経験いただいた皆様から大変ご好評をいただいております。

「痛い」のはもちろんですが、「かゆい」のもかわいそうですよね。
当院では、そんな皆様のお力になれるよう、日々努力しております。
お気軽にご相談下さい。

シャンプー処置の流れ

  1. シャンプー前に、獣医師が皮膚や耳などの診察をいたします。
  2. 診察をもとに、皮膚の状態に合ったシャンプー剤を選びます。
    当院では、基本のシャンプーとして「デュクソシャンプー 」を用いております。
    セラミド前駆体配合による高い保湿効果があり、皮膚のバリアー能力が高まります。
  3. ぬるま湯を満たしたマイクロバブルバスにシャンプー剤を入れ、シャンプー剤とマイクロバブル双方の力で皮膚を洗浄します。
  4. バス内にあるシャンプー剤入りのぬるま湯を捨て、もう一度マイクロバブルバスにぬるま湯を満たし、再びマイクロバブルの力で皮膚を洗浄します。
  5. 高吸水性クロスによるタオルドライをメインに、マイナスイオンドライヤーも併用。しっとりふわふわに乾燥します。
  6. 最後に、被毛や皮膚の状態により、「デュクソシャンプー」の姉妹品である「デュクソスプレー 」を噴霧し、つやつやに仕上げます。

料金は、上記の内容で3000円からとなっております。

犬種や皮膚の状態などにより料金が変わりますのでご了承下さい。

なお、大型犬ではバスに入りきらない場合があるため、ご希望に沿えないことがございます。ご了承下さい。